背中越しのチャンス感想

こんばんは。

本日は背中越しのチャンスの発売日ということで、ひたすらPVとメイキングを見ています。

 

アラサーの男性2人がスーツ姿でカラオケデュエットする画に始まり、お互いの似顔絵を描いたり手押し相撲したり腕相撲したりしている2人、撮った映像を見て笑い合う2人、それを微笑ましく見守るスタッフ。

ひたすらかわいいが攻めてきて幸せしかない。

カワイイのプロフェッショナル亀梨氏とスパダリ無邪気男前な山下氏に陥落するほかない。

本人たちも仰るとおりジャニーズという娯楽を120%体現してくれてます。

これがジャニーズや!

 

修二と彰の時は思わぬ人気に必死に応えようとするアンバランスさや繊細さを感じていたけど、12年経つとこんなに柔らかく安心感が出るのかと改めて嬉しく感じました

はじまりは先輩と後輩で、同郷の友だち、ライバル、戦友と関係が変化していって。

今、気を許せる親友だと公言してくれるのは本当に喜ばしいです。

 

しかしなんというか‥

人類の奇跡である爆イケ山Pの隣に立つとどうやら亀梨くんの中の女の子が出てきちゃうのかな?

雰囲気柔らかいんだけど表情に半端なく気合入るよね。

一定の距離を持ちつつも山Pの隣ではちゃんとしときたい!

すっぴんじゃ外出られない!みたいな女子みを感じるんですがなんなのかな。

自担がかわいすぎてつらい。

 

とにかく老若男女問わずおすすめします。

多幸感を感じたい方、ねこちゃん動画見るのと同じくらい癒し効果あるので是非見てみてください‥!